ハゲと私

ここでは、ハゲと私 に関するハゲ情報を紹介しています。TOPは ↓
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさん、お懐かしゅうございます。
最近M字部分の毛がちょっと増えたと感じていたら
あっさり「気のせいじゃない」と友人に否定されたケン坊です。
日刊から週刊に、週刊から月刊になっていたこのブログですが、
ついに先月更新できなかったために、各月発刊になってしまいました。。。
ほんと、応援してくださっている方々に申し訳ないです!
ごめんなさい!!


さて、わたくしケン坊、過去に1mm坊主頭にしていた
黄金時代を忘れられず、接客業に従事している現在も
坊主頭への道を虎視眈々と狙っております。
「接客業で坊主頭なんて!」というのが社会通念上の常識。
人はまず見た目で判断されてしまいますが、それでも
「接客が良ければ問題ないでしょう」と自分勝手な
理由をつけて坊主頭にしようと思ってます。

しかし!
例えば昨日までロン毛だった人がいきなり坊主頭にしてきたらどうでしょう。
間違いなくみんなビックリです。
ビックリな上に目立ってしまって話題になります。
急劇な変化はみなの好奇心をそそります。

接客業だけど坊主にしたい僕としてはこういう状況は困ります。
髪型が話題になりすぎて上司に「その髪型なんだ。」と
突っ込まれては坊主への道は絶たれます。
僕的に好ましい状況はたとえ髪を短くしても
「ああ、髪切ったんだ。」くらいで終わること。
ことさら話題になることもなく、あっさりスルーされるのが1番です。

そんな思いを抱きつつこの半年間を過ごしてきましたが、
最近坊主一歩手前の髪型から「9mm丸刈り」に昇格しました。
徐々に徐々に髪を短くしてきたせいか話題になることも無く、
上司もいつも通り。言わないだけなのかもしれませんが、
とりあえず更なる短髪坊主への道は開かれています。
個人的には、徐々にみなの目を慣らしてきた成果と思いたいけど
ぶっちゃけどうなんでしょう~??
次は7mm坊主を目標にまずは9mm坊主でみなの目を慣らして
いこうと思う今日この頃です。


ケン坊の短髪への歴史
2月ロン毛ハゲ 6月坊主一歩手前はげ 9月9mm丸刈りハゲ

左から2月、6月、9月となってます。こうやってみると
やっぱハゲは短髪のほうがいいですね~。にしても2月はキモい! 
スポンサーサイト
皆様、お久しぶりです。
ここ最近、意識がアナザーワールドにぶっ飛んでいたケン坊です。
ふと気がついたらもう7月も後半戦。
ハッ!としてグッときたのがこのブログのこと。
「今月ぜんぜん書いてないじゃ~ん」と真っ先に頭に浮かびました。
そして本日本当に久しぶりの更新となりました。

思えば!このブログを始めてから8ヶ月。
最近では目に見えるほど更新の間隔が長くなり、
このブログを始めた頃からお世話になっている方々には
本当に申し訳ないです。このブログを始めた頃は
宮崎に越してきたばかりで友達もおらず、また仕事も無く
有り余る情熱をこのブログに傾けていました。
最近では仕事も軌道にのり友達もでき、ようやく人間らしい
日々を過ごしております。

働くと色んな人との出会いがありとても刺激的です。
最近ではプライベートでも遊ぶような友達もでき
毎日楽しく生きています。
僕の職場は下は高校生から上は初老の方まで幅広い
年齢の方がいます。
そんな新しい仲間達とこの前花火をやりました。
花火に行ったのは若い連中ばかりでしたが、とても
楽しかったです。そんな楽しい時間の中、空気を一瞬凍らせる
ような出来事があったのでお話したいと思います。

そう、あれは約1週間前の出来事・・・・。
高校生や大学生、そして成人したフリーターや主婦などで
花火に行ったときのことでした。
私は一人の若い女性と意気投合し、楽しく会話していました。
彼女は私よりずっと若かったですが、なぜか二人は話が合い
話題が尽きることはありませんでした。
彼女の名はMちゃん、歳は4歳。
まだ身長が1mにも満たない日本語覚えたての女の子です。
精神年齢が一緒なのか私はMちゃんと遊んでばかり。
大人の女性にはわき目もふらずMちゃんと遊んでいました。
そんなわきあいあいとした空気の中、Mちゃんがそれを
ぶち壊します。








「おじちゃん、髪無いね。」







無邪気な4歳の口から出た言葉。
そこにもちろん悪意は無くまさに純真そのもの。
しかし、それを聞いていた大人たちの事情はちょっと違う。
いくら私がオープンなハゲでもそこまでダイレクトな表現をした人はいません。
当の本人ケン坊もあまりの無邪気さ、直球さにたじろぎました。
私自身がたじろいでいるのです。
それをきいた周りがそれ以上に困惑したのは自明のこと。
0.5秒くらいでしょうか。私はあきらかにたじろいでいました。
しかし、いつものノリでこのダイレクトでオブラートに包んでいない
4歳の女の子の表現を受け止めきります。

「おじちゃん、髪無いね」
4歳の無垢な子供の口からでた素直な言葉。
それは、4歳の純粋な少女の目にも私がハゲと映っていることを意味します。
ハゲという単語を知らない4歳の子供でも髪が無いことをはっきりとわかる。
大人の事情を抜きにした一人の純粋な人間の目にも私がハゲと
映ることを再認識した花火の日でした。

色々勉強になりました。ありがとうMちゃん☆
みなさん、こんにちは。
昨日シャワー後に思い切りタオルで髪をふいたら
抜け毛・切れ毛が23本もあってビジュアル的にも
量的にもビックリしたケン坊です。

ハゲについて考える時間もあまりなく、
自分がハゲていることすら忘れている今日この頃。
忙しいっていいですね~、悩みすら忘れさせてくれる☆
まあ僕の場合ハゲで悩んでるってことはないですが(笑)。

最近つくづく思うのが、ハゲも周りにオープンにしてしまえば
本当にラクということ。自分を飾らずありのままでいられるし、
周りもありのままの自分を知った上で自分を見てくれる。
もしこれが一人でこっそりハゲを悩んでいて、しかも周りに
それがバレていたらまさにハゲは格好の陰口ネタに
されてしまう。まあ本人のキャラにもよるだろうけど。
僕の場合、オープンなハゲなのでみんな「ケン坊はハゲ」という
共有意識をもってるしそれが当たり前なので、ハゲが取り立てて
ネタになることもない(たぶん)。
ハゲてない人にとっては星の数ほどいるハゲの中の一人なわけで、
つくづく「ハゲは自分の問題だな~」って思う。
自分がハゲを気にすれば周りも気にする。
周りは腫れ物に触るように話題にはできないし、気も使う。
オープンにすれば周りにとっては数いるハゲの中のひとりな
わけで、なんてことはない。
モテたいとか格好良く見られたいとか特別思わなければ、
ハゲは大したことじゃないな~と思う今日この頃です。

「最近自分がハゲてることも忘れてる」って言ったのも
あまりにもハゲを気にしなくていい環境にいるからか!?
ハゲをオープンにすることで「ケン坊はハゲ」が当たり前に。
当たり前のことに誰も特別な関心は持たない。
それが居心地のいいありのままの自分でいられる環境を
作りだせた理由なのかな~って思います。

本日はケン坊のハゲ雑感。
てか、前にも同じこと言ってるね><
アウチ!!


ハゲをオープンにしてる人→人気blogランキングへ





「強烈に忙しかったゴールデンウィークもやっと終了。
世間の人々が楽しみにしている連休も接客業の僕にとっては
ちっとも待ちどうしくない、むしろブルー。
そんな地獄の5日間も無事終了。仕事を始めてから約2ヶ月が
経過し人間関係にも仕事にも慣れた。正直、楽しい☆
仕事はともかく色んな年齢層のいる職場は様々な刺激があって
実に楽しい。人間関係に悩むどころか楽しくやっているため、
仕事に専念できる。とっても恵まれた環境にいると思う。

プライベートも順調で彼女と楽しい時間を過ごしている。
プチ遠距離で週1でしか会えないけど、お互いの関係は
とても順調☆あまり言い過ぎるとのろけになるのでこれくらいに
しておこう。

公私ともにうまくいっており以前のようにお金の心配ももうない。
仕事の心配は多少あるがストレスが溜まるというほどでもない。

『我が人生順調じゃん』と思う今日この頃。

お金も困らない程度にあるので髪を切りに行った。
宮崎はもう蒸し暑い。ほんと夏って感じ。
いっそ切るならやっぱ短くと思い接客業に差し支えない程度に
短く切った。そしたら衝撃の事実が発覚!!



か、髪が生えてきてる!てかハゲ部分が無くなってる!!


な、なんということだろう!!
やはり仕事も順調でストレスも少なく、プライベートも幸せいっぱい☆
心に負担が少ないから生えたのか!?今までのハゲはやはり
自分の未来に対する不安やストレスが原因だったのか?!
ハゲる理由は色々まことしやかに言われてるが、どれがホントか
わからない。精神的な原因と肉体的年齢的な原因があるだろうけど
僕はこれを克服したのか!?
確かに精神的なストレスはもうほとんどない。
だが年齢的なものや肉体的なものに変化はないはず。
精神が肉体に及ぼす影響の大きさを実感しながら
フサフサの自分に驚きを隠せない。
黒々と一直線になったハエギワ、10歳若返ったように見える見た目。
喜びとともにウキウキしながら美容室を出た」





ところで目が覚めた。


・・・・
・・・・・
・・・
・・・・・・
・・


夢かよ。。。
確かにストレスは少ないほうだから生えてもいいかな~とは
思うけど、あまりにも衝撃的な夢でビックリ。
でもこの夢のおかげでひとつ気がついた。
「僕は生えたら嬉しいんだ」ということ。
まあ、ハゲなら誰だってそうか。
僕は別にハゲのままでいいけど~☆

一夜の夢にちといい思いをした昨夜。
夢と現実のギャップに悩まされることもなく普段通りに出勤。
今日もヘルメットとったあとの髪型はおもしろビックリでした☆



夢落ちかよ!って思った人→人気blogランキングへ




みなさん、こんにちは。
店長に「丸刈りにしていいですか?」と尋ねて、

「ダメに決まってんじゃん」

と撃沈されたM字ハゲ真っ最中のケン坊です。
儚くも丸刈りの夢はついえ、自分の髪型に希望を
持てなくなった今日この頃ですがそれでも明るく生きてます☆

さて、テンパ&M字ハゲの私ですがなぜかいたってポジティブ。
むさくるしい伸び放題の髪形は気に入らないですが、
テンパもハゲもそれほど気になりません。
「だって仕方ないし」というと「あきらめ」という風に
聞こえますが、自分的にはちょっと違うんです。
なんでしょう、基本的に自分に肯定的なんでしょうか。

ふと、考えるときがあります。
「なんで自分はポジティブなんだろう」と。

おそらく僕がポジティブでいられる理由のひとつが
「外見的なことで周りの目をあまり気にしない」
ということだと思います。
ハゲならハゲと思われてもいいし、愉快な髪型でもほとんど気になりません。
スーパーのカゴを原付につけて走って笑われてもいっこうに構いません。
その代わり内面的な部分やキャラに関しては非常にこだわりがあります。
面白い奴、楽しい奴と思われたい!という思いは人一倍強い気がします。

おそらく、普通人が気にするようなことを気にしない
僕の性質が周りにとっては珍しく変わっていて個性的に見え、
それが「楽しい奴」と思われたい僕の性格を見事に体現して
くれている。自分のこだわりを実現できていると思えるが
ゆえにキャラに自信が持ててポジティブになれる。

とまあ書いてみたものの「自信」とか「ポジティブ」って
そんな理屈っぽいか?と自分で思ってしまいました。。。

本日はケン坊のぼやきで終わってしまいました。
まあ、そんなときもあるでしょう!!
やっぱりここでも自己肯定です☆
あはは~。


自分大好き!って人→人気blogランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。