2005年12月

ここでは、2005年12月 に関するハゲ情報を紹介しています。TOPは ↓
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月日の流れは早いもので、ハゲに気づいてから
丸2年が経ち、今年も今日で終わろうとしています。
今月始めたばかりのこのハゲブログも皆さんのおかげで
思いのほか人目に触れる機会を得ています。
本当にありがとうございます!!

「禿げと明るく生きるノウハウ」と銘打ちながらも
「ノウハウなんて書いてねーじゃん!!」と思った
方も多々おられるでしょう。ほんと「すいません!!」。
この辺は来年の課題として取り組んでいきます。

ブログを初めてまだ1ヶ月ですがその間に
「ハゲ」について色々なことを
考える機会を得ました。プラス思考ハゲになることができた
自分は一体どんな過程を経てきたのか。
なぜ悩まなくなったのか。どうやってポジティブはげに変わったのか。
たどって行けば「気持ち」の問題が一番ですが、
僕のようにすんなりとポジティブはげになれない方もたくさんいるはずです。
ハゲを悩む大きな原因のひとつが「周りの目」です。
今はハゲはビハインド・マイナスだと思ってしまう世の中です。
そんな中ではハゲを気にしてしまうのは仕方がないと思います。
ただ、そんな世間の目を変えていけるのはやはり
「ハゲ自身しかいない」と同時に思うのです。
周りに変わって欲しいならば、まずは自分から変わって
いかなきゃいけないのでは、と。
そんな思いを抱きこのブログを始めました。
僕ひとりの力はほんと無いに等しいです。
でも、このブログで少しでもポジティブはげやプラス思考ハゲの
方が増えたらこれこそ大きなの喜びです。
周りの目を変えるためハゲ自身が変わるきっかけに
なれたならこんな嬉しいことはありません。
いつかはそれができると信じ、このブログを続けていこうと思います。

今年の締めと同時に来年の抱負になってしまいました。
それでは来年もよろしくお願いいたします!!よいお年を☆
そしてなにより

「ありがとうございました!」


ライバルは倖田來未!「ハゲかっこいい」を目指して☆→人気blogランキングへ

スポンサーサイト
自分の体の変化にはなかなか気がつかない。
ちょっと太ったかな?またハゲ進行したかな?
などなど、実際気になっても誰かに聞いて
みないとわかんない。
毎日自分の姿を毎日鏡で見てると
チリも積もって山となっていく変化には
気がつきにくい。

昨日そんな山となった変化に気がつく
機会があった。押入れを整理していたら
初めてのパスポートが出てきた。
忘れもしない21歳の秋。
卒業旅行でアメリカに独り
行くためにとったパスポート。
まだハゲよりも若さが輝いていたあの頃・・・


ハゲじゃないじゃ~ん
 写り悪くてごめんなさい

キレイな直線を保っている前髪フロントライン。
デコは広いがハゲとは無縁だったこの時代。
はげ大明神がこの後あとやってくるなんて
知る由も無い無邪気な若かりし頃の僕。
あ~、懐かしい。髪に対するノスタルジックな想いも
あるが、何よりも学生時代の自由で恐れもない
「若さ」に対する感慨のほうが大きい。


さて、整理を続けていると今度は2年前に更新した
パスポートが出てきた。退職後にニュージーランドに
行くためにとったパスポート。
社会を少し経験しその大変さを実感した25歳の秋。


ハゲてきたじゃ~ん
 超写り悪くてごめんなさい

見事に後退していったハエギワ前線。
わかりにくいがM字ハゲも発症している。
わずかに4年で劇的な変化を遂げた僕の髪&ハゲ。
当時はまったく気がつかなかった。自分が毛を失っているなんて。
日々の自分の微妙の変化には、気がつかないもんだ。

こうしてこの二つのパスポートを比較して
じっくり見てみると

「なんじゃこりゃ~~~~」

と優作ばりの驚きに襲われる。
わずか四年でココまで毛というものはなくなるのか、と。
ハゲというのはもの凄い速さで進行していくものなのだ、と。

そしてふと思った。
あれから2年、
いまパスポートとったらどんな写真になるのか・・・。
27歳になった僕は一体どんなハゲ具合をかもし出すのか、と。

それはとりあえず謎にしておき、
4年という時間で積もりに積もったハゲというチリを
心底実感し思い出にふける昨日であった。。。


最後に比較してください☆
21歳ハゲ無し25歳ハゲ進行中


左が21歳。右が25歳です。こうやってみると違うな~☆


みなさんのおかげで大健闘中です!ありがとうです!→人気blogランキングへ

世間には色んな「育毛剤」がある。
どれもこれも科学的根拠が記されていて
根気よく使い続ければ生えてきそうな気がする。
ただ実際生えてくる人もいれば効果の無い人もいる。
「育毛」にもちろん絶対は無い。

育毛や育毛剤に関する情報をみていると
同時に「髪にこれはよくない」みたいな情報も入ってくる。
「○○○は髪によくないですよ」って感じの。
生えてくる科学的根拠と髪によくない科学的根拠。
髪に良いことして悪いことしない、同時にやれば
確かに生えてくる状況をつくれそうだ。
でもやっぱり生えてこない人もいる。

僕はあんまり育毛や育毛剤に関する情報を見ない。
見れば「生えてくるんじゃない!」って思うことも
多いが同時に「でもホントに?」と思う気持ちもある。
信じきれなきゃ効果も薄いだろうし。
疑うほうが信じるより簡単だし。
そして「○○は髪によくないですよ」って情報も
あんまり知りたくない。もし自分が髪によくない
ことをやっていたら、心配が増えストレスになる。
僕はハゲてることに前向きだけど、もちろん
無いよりあったほうがいい。

今は育毛に関する色んな情報がたくさんある。
だけど知らないほうがいいこともたくさんある。
たとえ髪に悪いことしていても、
僕がそれ知らなきゃ関係ないし

「知らぬが仏」

僕はハゲと楽しく生きていく☆


さらば!長い友達「髪」よ → 人気blogランキングへ

この前不幸にも雪のために延期になった「就職試験」。
本日ようやく開催されました。あ~、良かった☆
それなりにうまくやったつもりなので、後は結果を
待つのみ。気楽なニート生活は残りわずかと信じたい!!

さて、そんな面接だった本日。
延期の後の試験なので気合も入りますが、
朝一で問題発生。




髪型が決まらない。




というより不毛の大地「ハゲ」部分をどう扱うか
ちょっと悩みました。自然体で行くべきか、少しでも隠すべきか。
一体どっちが自然なんだ!!ちょっと悩みました。
本日はホテルの試験。見た目も清潔感が求められます。
なのでオデコを出していったほうがいいのではと思い
前髪を上げてみた。そしたらなんか



「キューピーちゃんみたい☆」



久しぶりに髪を上げてみてM字の進行具合に関心しつつ
まるで冗談のような髪型に、ちょっと抵抗を感じた。
見慣れないのもあるだろうが、何か変。
ってことで今度は髪を下ろしてみた。



「ちょっとご覧よ、思いっきりM字ハゲ」



うむ、見慣れた髪型。自分的には問題無いが、初めて会う人
にはどんな印象なのか。風が吹いたら前髪がモシャモシャに
なって清潔感が無くないか・・・。

葛藤の末、結論に達する。
「見た目も大事。でもやっぱ話の中身でしょ!」
おっと危ない。面接という状況で僕はこの基本を
忘れるところだった。
いつもの自分に戻った僕は髪を下ろしていくことに。
やっぱりやりなれた髪型が落ち着く。

いつも以上に前髪に整髪料を付けまくり
風速10mまで耐えれそうな髪形を制作☆
風の吹く冬の道のりを駅まで歩いていった。


P・S 面接の結果は来年年始にでます!乞うご期待!!

髪と仕事がありません☆27歳ケン坊→人気blogランキングへ

ハゲは残念ながら見た目で「損」
「あの人のハゲ方かっこいい~」なんていう
女子の黄色い声は聞いたことない。
恋愛する上で見た目は重要な要素だから
「ハゲ」てることは間違いなくビハインド。

でもハゲだって人間。もちろん恋もする。
「ハゲだから彼女できない」ってことは無いし、
もちろん彼女はできる。

見た目のせいで恋愛対象にされにくいハゲ。
でも友達関係の中ではハゲだろうがフサフサだろうが
関係を発展することはできる。
「ハゲてるから友達になりたくない」言われたことないし、
そんなこという人も見たこと無い。
友達関係の中ではハゲもフサフサも平等。

じゃあ見た目で損してるハゲがフサフサに勝つには
人間性でカバーするしかない。
友達関係のなかではハゲだって個性や人間性でウケることはできる。
「キャラの濃いハゲ」「超おもしろいハゲ」「天然ボケなハゲ」。
個性溢れるキャラは友達として好かれる
可能性は充分ある。

では恋愛を考えたときハゲはどうすればいいの?
友達として好かれてもハゲは最初から恋愛対象として
見られてない。女のコからすれば「ありえな~い」と
思われることが多い。

僕の場合、まずは友達関係で個性を発揮。
自分の人間性やキャラを受け入れてもらう。
そして好きなコに


告る


でも大概は
「友達としては好きだけど・・・ゴメン。」

これ、予想通り。
相手にしてみれば突然で友達と思っていたハゲからの告白。
「キャラはいいけど彼氏には・・・」という自然な答え。
そして僕もそのつもり。
ただ告白することで恋愛対象として意識してもらえる
ここでようやくスタートライン。
1回告白してダメであきらめるなんてもったいない!
最初の告白は「初めまして。これからよろしく」って感じ。


2回目の告白。
見た目もキャラも含め恋愛対象として考えてくれた上で
相手は返事をしてくれると思う。
見た目をカバーするだけの人間性・キャラを感じてもらえてるか
どうか真価が問われる。
これでダメならあきらめるもよし。

でも僕は3回まで告白します。もちろん空気読みながらだけど。
いけるときは3回までいきます。
これでうまくいったこと結構あります。
友達には「恋愛パンチドランカー」って言われてたけど。

見た目で損してるぶん、人間性・キャラ、なにより
どれだけ好きかを伝えきって、それでダメならあきらめます。
ハゲをフラれた理由にしたくないし、したとしても言い訳だと思うし。
人間性や熱意を受け入れてもらえなかったならあきらめつくもの。
でも、ハゲだろうとなんだろうと最後はやっぱり
「熱意」だと思います、恋愛は。
また偉そうに言っちゃった(>0<)


「ハゲ=モテない」は言い訳、と思う人→人気blogランキングへ


僕の知り合いで某大物歌手と同姓同名の方がいる。
ここで本名だしても「マジ!?」って感じで本当に
聞こえないが、やっぱ本名なので気がひける。
なのでここでは「郷ひ○み」としておこう。
本名もこれに匹敵するほどのインパクト!!

初めて郷さんに会ったとき、名前を聞いて
「マジ!?」って思った。
同時に郷さんのこれまでの人生も勝手に想像した。

「名前のせいで辛い思いしたんだろうな」
「やっぱいじめられたりしたのかな・・・」
「親のこと恨んだ時期もあるんだろうな」
「やっぱ名前にコンプレックスあるだろうな」

主にネガティブな想像が頭を駆け巡る。
きっと名前のせいで嫌な思い出が多いだろうな勝手に思った。

ところが郷さん、

「覚えやすい名前でしょ(^0^)」

と一言。そして

「好きな歌は『お嫁サ○バです』」 *1

と強烈なジョークをかましてきた。



爆笑




僕は完全にやられた。ネガティブな想像とは正反対の
郷さんのアクションに完全にやられた。
そして同時になんだかホッとした。
名前のこと気にしてないわけじゃないんだろうけど、
少なくても人前では「気にしてない」って姿勢。
そのおかげで僕も気にしなくて済むし。
郷さんの前向きな姿勢周りへの配慮に感服した
出来事だった。

これって「ハゲ」にも共通することだと思います。
人から見て明らかな「コンプレックス」。
それをプラスにするのもマイナスにするのもやっぱり本人次第!!
僕は郷さんから「前向きの気持ちよさ」を教えてもらいました。

*1 実際は違う歌です。


郷さん、ありがとう→人気blogランキングへ

メリー・クリスマス☆

全国のハゲのみなさん~、うかれてますか~??
今日はクリスマス・イヴ
1日キリシタンになってうかれましょう~☆
あ、サンタに髪をお願いしても無駄ですよ~。
サンタにも限界ありますから(>_<)アウチ!
それではよい1日を~☆  

zabi
  アメ~ン☆


最高のプレゼントは☆ → 人気blogランキング


世の中にはたくさんハゲがいる。
そしてその中でも「かっこいいハゲ」
世間に思われているカリスマはげも存在する。
僕の中でその筆頭は


ジネディーヌ・ジダン様 ←知らない人クリック


初めて見た人いますか~??この人かっこいいですか~?
パッと見はそんなにイケメンじゃないけど
かっこいいんですよ、ジダンは。
日本男児なら知ってる方が多いと思いますが、
サッカー界の貴公子、世界一・二位を争うテクニシャンです。
今でこそ坊主頭みたいな髪型ですが、以前は露骨にテッペンはげ
でした。でもやっぱ「かっこいい!」んですよ☆

じゃあ、なんでジダンはかっこいいの?
パッと見はそんなでもないし、しかもテッペンはげだし。
それでも多くの人が「ジダンはかっこいい」と同意して
くれます。それはなんで?



サッカーという人気スポーツの中でTOPプレヤーだから。



これにつきる。世界トップレベルの技術を持ち
しかもそのスポーツが人気のサッカー。かっこ悪いわけありません。
でも根本的に言うなら


一芸に秀でた人はかっこいい


と思います。
自分には無いものを持っている人には惹かれますから。


そして僕は思うんですよ。
ジダンは「サッカー社会」の中で秀でている。だからかっこいい。
僕、ここでサッカー「社会」って言いました。
サッカー界という「社会」の中でジダンは秀でてるんです。
そしてこの「社会」ってのは色んな形があると思います。
人間社会、日本社会、地域社会。もっと細分化すれば
会社という社会、学校社会、友達の中の社会、
家族だってひとつの社会だと思います。
こんな経験ないですか?
「いまうちの学校じゃこれが流行ってる」とか
「いまうちの家族ではこれがブーム」とか。
これは小さいですが「社会」が存在するいい例です。

誰しもこういう社会の中で生きているわけで、
誰だってそれぞれの社会の中で
輝きかっこいいと思われるチャンスはあるはずです。
キラリと光る一芸があれば。
でもこの一芸というのは何もスポーツや特別なスキルだけ
じゃなくて、「底抜けに明るい」とか「めっちゃおもしろい」
とかそういう「個性・キャラ」も含めてです。

ジダンのように「世界」という社会で輝きたいと思ったら
明るいとかおもしろいじゃ難しいでしょうが、
例えば学校社会、会社社会の中でなら可能じゃなかなと思います。
「あいつは何があっても前向きで明るいよな~」
「あいつはなんであんなにおもしろいの!」
こういう個性・キャラで人を惹きつけることはできるはずです。

世界を目指すなら、世界の多くの人が関心を持っている
ことで秀でなきゃいけません。ジダンのサッカーのように。
でも、もっと身近な職場や友達関係、学校という社会で
「輝く」ことはそんなに縁遠いことじゃないと思います。
個性やキャラで人を惹きつけることはできると思うから。
それが「かっこいい」に直結するかは難しいとこですが、
輝いてない人はかっこよくないし。
とくにハゲは見た目で損をしています。
ハゲにとって輝くものはかっこいいと思われるためには
絶対必要だと思います。

僕はとりあえずかっこいいは置いといて、
職場(今は無職だけど)や友達の中で輝けるように
自分の「個性・キャラ」を磨く努力をしてます。
「ケン坊=明るい」「ケン坊=おもしろい」が代名詞になるように!!
「何も無いハゲ」よりも「キラリと光る一芸ハゲ」と思われる
ほうが嬉しいですからね☆
そこに自信が持てるようになったら「かっこいい」を目指します☆

まずは自分の周りの「身近な社会」で「キラリと光る一芸」を磨く。
その先に「かっこいい」が待ってるかも!?
そう思って生きてます☆


Lord of the Coolハゲ→人気blogランキングへ


こんにちは~!!
今日もM字ハゲご開帳のケン坊です☆
本日は就職の面接日でした。午後1時から。



ちょっとしたドラマがあったのでハゲ話ではないですがご報告しまーす☆
なんとも悲しく切ないお話です。みなさんハンカチーフのご用意を!!
では始まり始まり~☆長いですよ・・・


<第1章 Badモーニング★>

面接に備え早寝した昨夜。朝七時に目が覚める。
かすかな緊張を隠しきれない僕はそれをほぐすために
テレビをつけた。そしてまず目に飛び込んできたのが


「宮崎、60年ぶりの積雪」

・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・

『ふざけんな』

つぶやかずにはいられなかった。新潟出身の僕。
雪など珍しくない。むしろ寒いし滑るしM字にしみる。
「よりによって面接の日に積雪かぁ~」
愚痴ってもしょうがないのでプラス思考。

「きっと宮崎の子供たちは喜んでるはず☆
 サンタさんからのプレゼントだね☆  」


無理な思考の転換に逆にむなしくなったとき、
ふとひとつの不安が頭をよぎる。


「電車走ってますかね・・・?」


本日の面接地は宮崎から電車で約1時間。
雪国新潟でも毎年雪が降るとダイヤが乱れるが、
ココはハイビスカスが咲き乱れる南国宮崎。
当然乱れてるでしょーーー!!
早速運行状況を電話で問い合わせる。


「ただいま○○線は雪のため運転を見合わせています」


キターーーーー(((゜∀゜)))ーーーーーッ!!!  って感じ。
どうしましょう、これ。行けないじゃないですか・・・。
しかし神は僕を見放さなかった。
「高速バスがあるじゃないか」
この神の啓示に感謝しつつ、早速バスセンターに電話。


「すいません。宮崎から乗ると○○では
 下車できません。長距離バスなんで」



アウチ!!
髪だけでなく神まで僕を見放したか・・・。
時間はもう8時半。状況は変わらず時間だけが過ぎる。
「きっと電車止まってるからバスで代替輸送してるはず」
と希望的観測で宮崎駅にもう1度電話。すると電話口のお姉さん

「ダイヤは遅れておりますが運転は開始しました」

・・・・あんたはエンジェルか、、、少なくても僕の天使だ☆
ありがとう、その言葉がどれだけ僕を救ってくれたことか。
さっそく一番早い電車の時間を聞くと9時30分発とのこと。
「これなら間に合う」
バタバタと準備をし出発。
駅までの道のりを寒風に吹かれながら歩くのであった。


<もう終章 Badアフタヌーン★>

「面接は午後1時から。電車は9時半発。
 面接場所まで約1時間。たとえ雪で電車が遅れても
 2時間はかかるまい。となると11時過ぎにはつけるはず。
 2時間も余裕があれば何があっても大丈夫。」


オレ完璧!と自画自賛しつつ電車に乗り込む。
途中携帯が鳴り出し慌てて電源をカット。
紳士たるもの社内で通話はご法度ですよ。

さて無事に目的地に着いたのは11時過ぎ。
着いてしまうと2時間もの余裕を持たせた自分が
ちょっとバカらしく思えてくる。僕ってばわがまま~。
時間を潰せそうな所も無く喫茶店に入ってお昼を食べることにした。

頼んだのは「今日のランチ」。
700円で食事+コーヒーは極貧の僕には魅力。
ランチは生姜焼きで味もおいしい☆でもタレが異常に多くて
Yシャツにこぼさないか心配したが無事クリア。
ドキドキしたぶんなんか堪能できなかったが、まあよしとしよう。
時間も12時なりふと電源切ったままの携帯のことを思い出す。

「電話誰だったんだろう・・・」

誰からかかってきたのか確認もしなかったので、余計気になる。
履歴をみるとこれから面接の会社からじゃないかーーー!!!
これはただ事ではない。面接してくれる会社からの電話を
2時間近く放置プレイしたんだから!!

慌てて喫茶店を飛び出し電話。


「す、すいません。電車の中だったので出れませんでした。」

『あ、ケン坊さんですか。実はですね・・・本日の面接ですが
 「中止」 になりました。』

・・・・・
・・・・・・・
・・・・
・・・
・・・・・・・・
・・・・・・ 

「は?」

『面接担当の者が雪のために来られないんですよ。
 八代から。公共交通機関がマヒしていまして。』

・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・
・・・・
・・・・・・・

「ですよね~。60年ぶりの積雪ですもんね。
 わかりました~。」







弱ーーーーーーーーーっ!!
僕ってばヨワすぎーーーーーー!!


でもグタグタ文句言っても仕方ないじゃないか。
悪天候のせいなんだからどうしようもない。
僕もそれはそれは頑張ってここまできたけど、それはそれ。
熊本県の八代からは辿り着けないのだよ。

頑張って来たぶん面接延期はガックリきたが、
怒りのやり場はどこにもない。
だって相手は「天気」ですもの☆

悲壮感に打ちひしがれながら駅に到着。
ここでひとつラッキーなことが。






電車がすぐにきました。




「こんなとこで地味に運を使ってるんだな~」と
ちょっと悲しくなりつつ今来た道をすぐ戻る僕であった。
その時間、午後12時30分。。。

             <完>


長い長い文章読んでくれてありがとうございます☆
でもこの大雪で大変な思いをしたのは僕だけじゃないですよね!!
そう考えると僕だけがアンラッキーなわけじゃなく、
皆さんそれぞれで色んなハプニングがあったと思います。
雪にも負けずがんばりましょー!!


実家の新潟停電中→人気blogランキングへ

今日は明日の面接のために履歴書が必要だったので、
ネットカフェで印字してきました。
プリンタ無いんですよね・・・極貧で。。。

ショップに入るなり店員さん(女性)が笑顔!
というより必要以上のスマイル。
てか「笑ってる??」みたいな。

「なになに?鼻毛がコンニチハしてる??」

そりゃイカン、紳士たるもの身だしなみが大切と思い、
速攻トイレでチェック。


でも・・・







鼻毛じゃなかった・・・・







これだった。










ヒゲのおじさんハゲ

注:再現です。ちょっと誇張入ってますが、こんな感じ。


「ありえねーだろ!こんなの!!
プリングルスのおじさんのヒゲじゃねーんだから!!」



原因は間違いなく ヘルメット のせい。
いつも原付で行動してるので時々愉快な髪型を
演出してくれるが、こんなのは初めて。
M字が目立っちゃうことはたびたびあったけど、

M字の真ん中が割れる なんて・・・


まっ、店員さんにもウケたからいいか。
僕もトイレで爆笑やったし☆
思いもよらぬところで笑いをゲットし、それはそれでハッピー。
次の来店では期待しないでねと思いつつ帰路につく僕であった。


事実は小説よりも奇なり→人気blogランキングへ

僕はハゲに対してあきらめを持っています。
だって仕方ないもの。ハゲることで以前にも
増して外見に自信は無くなったけど、
ハゲたことで気づいたことがあります。
それは「内面を磨く」ことです。
毛を取り戻すほうに力を使うのではなく、
僕は外見ではなく内面を変えていくことに
力を使うことに決めました。

以前「ハゲで悩む原因は何?」でも書いたけど、
僕の場合、毛を取り戻しても
根本的な自分は変わらないことに気がつきました。
だから内面的な部分を向上させる努力をしています。

僕がいう内面というのは

「自分が自信を持てるもの」

です。
これなら誰にも負けない!と思える部分を伸ばす
努力をしています。それが自信につながるし、

自分に自信のある人は輝いて見える

と思うからです。
僕の場合は・・・と書くと長くなるので今度書きます!

僕は毛を取り戻して「以前の自分」に戻るよりも、
毛をあきらめて内面を磨き、自信を持てるものを伸ばして
「新たな自分」になろうと思います。


P・S 明日はホテルの就職試験です。面接です。
    いま髪が短いんですが、ホテルって短髪OK??
    まあ、短髪が理由で落とされるなら、こっちから
    願いさげじゃ!!(強がりですよ・・・)

27歳ハゲ無職に愛の手を!→人気blogランキングへ

ハゲで悩む人は多いが、その主な理由は
やはり「見た目」の問題。
「女のコにモテたい!」という気持ちは
男なら誰でもあるだろうが、ハゲという
十字架を背負ってしまってはそれも叶わぬ・・・
そんな思いが世のハゲ男性には誰にでもある。

じゃあ、世の女性は「ハゲ」に対して
どんなイメージ・印象を持っているのだろう。
ハゲは本当にモテなくてカッコ悪いのか。
ハゲてることはビハインドなのか。
僕の前職場の婦女子8人(少ね~)に聞いてみた。
下は18歳から上は30歳までの女盛りの8人です。
ちなみに質問者は僕ではなく元同僚のK君。
ハゲの僕が聞いたらみんな遠慮しちゃいますからね。

質問1:ハゲに対する印象は?

・「特にないが、ハゲてたら『ハゲてるな』って普通に思う」  Y・Sさん(20歳)

・「ハゲだからどうのこうのってのは無い」  Y・Kさん(23歳)

・「隠そうとしているハゲはこっちも気になる」  T・Kさん(30歳)

質問2:ハゲてるとカッコ悪いと思う?

・「外見も大事だけど、中身の方がもっと大事。
  ハゲでも人間的魅力があればカッコいい」  M・Mさん(28歳)

・「髪がある人よりはカッコ悪いかも。
  でもハゲが全員カッコ悪いわけじゃない。
  必死で隠しているハゲはカッコ悪いしキモい」  A・Sさん(18歳)

・「髪があってもカッコ悪い人はたくさんいる。
  ハゲててもカッコいい人もいる。その人次第」  R・Sさん(19歳)

質問3 ハゲだとモテないと思う?

・「やたらハゲを気にしてる人はイヤ。
  ネガティブな上にハゲじゃなおさらモテないと思う」  T・Oさん(23歳)

・「第一印象は損かも。でもやっぱキャラ次第」  R・Sさん(19歳)

・「ハゲをモテない理由にすんな。」  M・Sさん(26歳)

質問4 「こんなハゲはイヤ!」を教えてください。

・「必死で隠そうとしている人。隠れてねーよ!と言いたくなる」  T・Kさん(30歳)

・「ハゲてることをやたら気にしてる人。
  周りはそんなに気にしてないと思うけど・・・」  Y・Kさん(23歳)

・「露骨にカツラな人。お前は姉歯か!!」  M・Sさん(26歳)


少ないですがこんな結果になりました。
皆さんハゲに対してそんなに否定的じゃないです。
むしろハゲを気にしすぎている人には厳しいみたい。
ハゲならハゲで堂々としていれば、周りも
気にしないのかもしれません。

以上、参考になったは甚だ疑問ですが今日はココまで!!


Thank you 婦女子達☆→人気blogランキングへ

僕の友人で25歳の若ハゲ君がいる。
彼はハゲに対してかなり後ろ向き。
若ハゲがどうしても恥ずかしいらしく
何とかして散っていった毛髪戦士たちを
復活させようとしている。

そんな彼は育毛はもちろん食事にも気を使っている。

元々肉が大好きだったらしいが
「脂ものは髪に良くない」
と言って今はほとんど食べない。
「いわしは髪にいい」
らしく毎日いわしの缶詰食べている。
「睡眠不足は脱毛の原因」
と言って1日7時間以上は睡眠をとる。

賞賛に値するほどの初志貫徹の精神で
毛髪復活・毛根再生に取り組んでいる。
彼の髪に対する情熱は、まるで髪をあきらめた僕が
ルーザーのように思えてくるほど大きい。

だが同時に思う、

「『毛』がここまで人を支配してしまうのか!?」 

と。。。

好きなものを我慢して、好きでもないものを毎日食べる。
育毛剤に大金使って生活リズムも髪のためにコントロール。
すべてが「髪」中心に動く生活。逆にストレスじゃないのか。。

もし彼が髪を取り戻したとき、それはミッション達成の
大きな喜びだろう。でも、今度はまた髪を失う恐怖が
生まれるんじゃないか?
一度髪を取り戻した彼は、その髪を維持するために
取り戻すときと同じくらいの情熱を持ち続け
いわしを毎日食えるのか??

好きなものを我慢し、髪中心に動く生活。
僕には無理だ・・・逆にストレスで毛が抜ける。。。

でも彼にはなんとかして髪を取り戻して欲しい。
彼の髪に対する情熱は並々ならぬものがあるから。
僕は、髪をあきらめる代わりに好きなものをいっぱい食べ
好きなときに寝て、自由を堪能する。

「髪」と「フリーダム」、天秤にかけたならば
僕は髪をあきらめます。


散っていった毛髪戦士達へ→人気blogランキングへ

ハゲで悩む人は多い。
ハゲを気にする人も多い。
僕もハゲ始めた頃は気にして悩んだ。

でも



「なぜ?」



ふと、自分に「なんでこんなに悩んでるんだ?」と
自問自答してみた。

①髪が無くなって見た目が格好悪くなる。
 もともとイケメンじゃないがもっと悪くなる。

②周りの目が気になる。
 「あの人ハゲ」って思われたくない。

③自分に自信が持てなくなる。
 ハゲがビハインドのように思われる。


・・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・・・

どれもこれも重要な要素ばっかりじゃないか!!
僕はそれを失ったのだ・・・
そのことを再認識しさらにガックリ。。。

でもさらに考えてみた。
じゃあハゲてないときはどうだったか。

①髪があっても格好よくない。
②ハゲてなくても周りの目は気にしてた。
③元々自分に自信なんてあったか?

・・・・あれ?あんま変わらんじゃん。ハゲても。


確かにハゲていくことで元々自分が気にしてた
ところが助長され増大してしまう。これは否めない。
でも毛があったところで根本的な自分は
何も変わってない。むしろハゲてきたことで
自分の気にしてるところが明らかになった。

これに気づいた日から僕は
「根本的な自分」を変えていく努力を始めた。
格好よく自信を持った、周りなんか気にしない人間が目標。
毛がないことはビハインドになるかもだけど、
前に進まにゃ何も変わらん。やれることをやっていく。

ハゲたことは残念だったけど、それ以上に
自分を考えるいい機会になりました。
毛があってもなくても根本的な自分は同じ。
そこを変えていけばハゲなんてへっちゃら☆
すでにハゲに対してはちょ~前向きです!
格好いいに関してはまだまだ遠いけど・・・。

でも前向きになることで道が開けると
強く思う今日この頃です☆


輝くハゲに向かって☆→人気blogランキングへ
僕はニュージーランドに滞在していた経験がある。
色んな人種がいる国だから色んなハゲを見た。
白人のハゲ、黒人のハゲ、インド系のハゲ、
スペイン系のハゲ、そして日本代表ぼくもハゲ。

とはいってもみんながみんな素敵なハゲではなかった。
M字ハゲやテッペンハゲ、武田信玄みたいに
側頭部しか髪がないハゲとか色々。
それはそれはグローバルなハゲを拝見させて頂いた。
ただ、ひとつ共通して言えるのが

『みんなほとんど気にしてない。』

いや、断定はできないけど僕にはそう見えた。

キラキラ光るテッペンハゲを反射させながら
素敵な白い歯で女性を口説いている白人男性。

もの凄く広いオデコでキラースマイルを女性に
振りまくマッチョなブラジル人男性。


M字若ハゲながらもひとりの女性に恋する
明るい日本人男性(→僕です)。


みなさんハゲなんてことちっとも気にしてやしない。
そしてもうひとつは女性のほうもハゲを気にしてないこと。
みなさんハゲだろうがフサフサだろうが
ひとりの人間として見てくれています。
こんな環境ハゲにとったら嬉しい限りです。

日本でもハゲひとりひとりがハゲを気にせず
外国人さん達みたいに振舞うことができれば、
きっと周りの環境も変わってくるんじゃないかな~。
ハゲに対する認識を変えていけるのはやっぱ
「ハゲ本人達」しかいないと思うから。
えらそうにスイマセン!!

P・S 
NZで僕が恋した女性、現在彼女です☆


ハゲに革命を!→人気blogランキングへ
少ない髪で遊んでたら、こんな髪型に(爆笑)☆
かなり上までM字が進行してまね~。
いや~、自分でもビックリ!
面白かったのでUPしました。

刮目(かつもく)せよ!! この生き様を!!


強烈なハゲ



*ご飯中の人、すいませんでした。。。



毛を植えてください→人気blogランキングへ



僕はクセ毛がすごくて髪が伸びると
側頭部の髪が真横に伸びる。
イメージ的には「サリーちゃんのパパ(わかるかな?)」。

だからいつも五分刈り+5ミリみたいな短い髪型にしてた。
だが髪が短いためナチュラルにハゲが隠れるには
もちろん髪が足りない。量的にも長さ的にも。

ハゲ始めた頃は、髪が短いせいでハゲが「こんにちは~☆」と
丸見えなのが嫌だった。かといって、側頭部の髪が
「ボヨヨ~~~ん」とサリーパパ化するのも耐えがたかった。

そこで僕は考えた。どんな髪型が最もふさわしいか。

「そもそもハゲが人に認識されるのは髪部分とハゲ部分の
色のコントラストのせい。濃い薄いがあるからハゲと
わかってしまう。ならそのコントラストを少なくすればいい!」


それはそれは必死に考えて出した結論が坊主頭
しかも「スキンヘッド?」と思われる一歩手前の坊主頭。
バリカンについてるアタッチメント(長さ調節するやつ)を
使わずに直接刈ると、限りなくスキンヘッドに近い坊主頭になる。
全体的に地肌丸見えなのでコントラストが少なくハゲが目立たない。
この髪型を思いついたとき、僕は神に感謝しました。

髪型を自由にできる環境にいるハゲのみなさん!
坊主頭かなりイイですよ。最近は坊主頭自体けっこうみかけるし。

僕は現在求職中なので残念ながらできません。
まあ、僕はもうハゲてることに抵抗感じないから
サリーパパでも丸見えハゲでも
「見てくださいよ~~!!」とHG並みですが☆

髪を無くして自信をつける坊主頭☆お勧めです!!


ハゲの救世主☆坊主頭→人気blogランキングへ
世間でのハゲ人に対する印象はきっと

ハゲてるから気にしてるはず

だと思います。確かに気にしてる人が圧倒的に
多いので世間でそう思われても仕方ないです。

僕は少数派の気にしてない派ですが、
世間の目はやはり「気にしてるはず」です。
特に初めて会う人達は僕のハゲに触れることは
まず皆無。当たり前です。
太っている人に「デブですね☆」と言えないように
ハゲてる人に「キテますね~☆」なんて言えるわけ
ないもの。

というわけで明るいハゲで生きたい僕は
自分から積極的にハゲネタを周りに言っています。
周りの人からハゲに触れてもらうのは難しい。
自分から言わない限り誰も触れられるわけないです。

僕 :「今日は寒いですね~。M字にしみる~!!」
周り:『・・・・・。』
僕 :「いまの笑うとこですよ!」 

僕 :「カーテン閉めていいですか?」
周り:『なんで?』
僕 :「頭反射するんで。」
周り:『・・・・・。』
僕 :「突っ込んでくださいよ~!」

最初は周りも答えに困るはず。
でもちょこちょこハゲネタを出していくことで
「気にしてないんだ」と思ってくれる。
明るいハゲで生きるなら、ハゲネタは自分から!!



ポジティブハゲを増やそう☆→人気blogランキングへ

明るいハゲで生きるには、
『僕は明るいハゲです☆気にしてません』
と自分の友達や職場にわかってもらったほうがよい。
そうすれば周り人も自分の前でも気にせず髪の話ができる。

僕はそういう環境を作るため思いっきり

ハゲ」を「ネタ」にする

ハゲタネで周りを「クスッ」と笑わせる。
てかみんな遠慮してゲラゲラは笑えないし。笑って欲しいけど。
しかし、一歩間違うとハゲネタ逆効果。周りからすれば痛々しく
自虐的で同情の眼差しで見られてしまう。
ハゲネタは諸刃の剣なのだ!!

では痛々しいハゲネタはどんなものか。
僕はこう思います。

ネガティブすぎるハゲネタ
 ハゲをネタしてるが基本的にハゲに対し否定的なネタ。
 ネタというよりほぼ愚痴になっている。

重すぎるハゲネタ
 ハゲをネタにしているものの、内容が真面目すぎて
 周りが聞いてて痛々しい。
 ハゲについて長々語ると重くなりがち。

毎日ハゲネタ
 気にしてないからできることだが、周りからすると
 「実は気にしてるからあんなに言うのね」と
 思われるパターン。気にしてないのに気にしてると
 思われてしまう悲惨な状態。

僕がハゲネタを言うときは軽い感じで短く!
そして使い過ぎない!ようにしてます。
サクッとしたハゲネタは結構ウケるし
周りにも「気にしてない」ことをわかってもらえる。
おもしろい明るいハゲって思われたら嬉しくないですか?

「ハゲネタ」使わない手はないですよ☆




こんな二人がいます。

隠しようのないぐらいハゲている人。
それでも現実に逆らうように必死に隠そうとしている。
本人は隠しているつもりでも周りから見れば
「頑張ってるなぁ~」と丸わかり。
女子社員たちに「○○さん、今日はうまく隠してるね」
なんて影で言われちゃうタイプ。

一方、こちらも隠しようがないくらいハゲている人。
隠しようがないから隠さない。だって隠せないもの
堂々とハゲをさらけ出し「俺、最近髪増えてきてない?」なんて
女子社員たちに自らネタを振ってくタイプ。
「部長~、昨日と変わってませんよ~」と厳しい突っ込みを
受けても、へこたれない。


あなたは影でコソコソ言われてるハゲ?
それともハゲネタでぶっちゃけトークしてるハゲ?

あなたが女子社員ならどっちのハゲに好感もてますか??


もともとオデコは広かった俺だけど
まさか自分が20代前半でハゲていくとは
夢にも思ってなかった。

ハゲとの最初の出会いは忘れもしない2003年8月。
退職した俺は久々に大学時代に大好きだった坊主頭にすることに。
ウキウキでバリカンを走らせていたが、刈り終わってビックリ。

「あれ、毛の無いゾーンがありますよ??」
まるで人ごとかのようにアタフタ。。。
ホント「あれ?なんで?なんで?」って感じ。
ハエギワ前線からきれいに頭頂部に向かって
M字型に髪が無い。申し合わせたかのように無い。

最初はやっぱりショックだった。
そこに有ったものが無くなってるんだもの。
「床屋のお姉さんうまいこと切ってたんだな~」と
ハゲに気がつかせないカリスマ理容師の技に感心しつつ、
現実を知ってガックリ。

「俺はハゲてきている」

この事実を受け入れるのに1ヶ月くらいかかりました。。。
当時はやっぱりショックが大きかったけど、気づいたことがひとつ。

「悩んでたらもっとハゲる」

そう思った日から、明るいハゲで生きてくことを決めました☆

みなさん、こんにちは!!
27歳M字のケン坊です。
ご覧の通り俺は確実に、そして結構な勢いでを失っています。
このハエギワの後退は「とどまることを~♪知らない~♪」って
感じで、確実に進行していきます。怖いですね~。

でも、そもそもなんでハゲていくことに抵抗を感じるんだろ?

あ~、確かに持ってるものを失うのは嫌だ。
んで、見た目も毛が無いよりあったほうがいいような気もする。。
もっと言うと毛を失うにつれ自信も失っていくような感じもする。。。

私の場合、「そんなの全然気にしな~い☆」
去るもの追わず。
見た目なんか関係ない。
毛があったら自信あんのか?    って感じです。

というわけでハゲとともに明るく生きていったほうが
いいじゃん!と思うわけで、そんな風に100%思える
仲間を増やしたいと思いこのブログをはじめました。
俺のハゲに対する思い、世間でのハゲ、ハゲてて良かったこと、
純粋なハゲネタなどなど、ハゲ関連でガンガンいきます!!
よろしくお願いします☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。