ハゲネタ注意点

ここでは、ハゲネタ注意点 に関するハゲ情報を紹介しています。TOPは ↓
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明るいハゲで生きるには、
『僕は明るいハゲです☆気にしてません』
と自分の友達や職場にわかってもらったほうがよい。
そうすれば周り人も自分の前でも気にせず髪の話ができる。

僕はそういう環境を作るため思いっきり

ハゲ」を「ネタ」にする

ハゲタネで周りを「クスッ」と笑わせる。
てかみんな遠慮してゲラゲラは笑えないし。笑って欲しいけど。
しかし、一歩間違うとハゲネタ逆効果。周りからすれば痛々しく
自虐的で同情の眼差しで見られてしまう。
ハゲネタは諸刃の剣なのだ!!

では痛々しいハゲネタはどんなものか。
僕はこう思います。

ネガティブすぎるハゲネタ
 ハゲをネタしてるが基本的にハゲに対し否定的なネタ。
 ネタというよりほぼ愚痴になっている。

重すぎるハゲネタ
 ハゲをネタにしているものの、内容が真面目すぎて
 周りが聞いてて痛々しい。
 ハゲについて長々語ると重くなりがち。

毎日ハゲネタ
 気にしてないからできることだが、周りからすると
 「実は気にしてるからあんなに言うのね」と
 思われるパターン。気にしてないのに気にしてると
 思われてしまう悲惨な状態。

僕がハゲネタを言うときは軽い感じで短く!
そして使い過ぎない!ようにしてます。
サクッとしたハゲネタは結構ウケるし
周りにも「気にしてない」ことをわかってもらえる。
おもしろい明るいハゲって思われたら嬉しくないですか?

「ハゲネタ」使わない手はないですよ☆




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onehunga.blog41.fc2.com/tb.php/4-320bdc58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。