ここでは、 に関するハゲ情報を紹介しています。TOPは ↓
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさん、こんにちは。
店長に「丸刈りにしていいですか?」と尋ねて、

「ダメに決まってんじゃん」

と撃沈されたM字ハゲ真っ最中のケン坊です。
儚くも丸刈りの夢はついえ、自分の髪型に希望を
持てなくなった今日この頃ですがそれでも明るく生きてます☆

さて、テンパ&M字ハゲの私ですがなぜかいたってポジティブ。
むさくるしい伸び放題の髪形は気に入らないですが、
テンパもハゲもそれほど気になりません。
「だって仕方ないし」というと「あきらめ」という風に
聞こえますが、自分的にはちょっと違うんです。
なんでしょう、基本的に自分に肯定的なんでしょうか。

ふと、考えるときがあります。
「なんで自分はポジティブなんだろう」と。

おそらく僕がポジティブでいられる理由のひとつが
「外見的なことで周りの目をあまり気にしない」
ということだと思います。
ハゲならハゲと思われてもいいし、愉快な髪型でもほとんど気になりません。
スーパーのカゴを原付につけて走って笑われてもいっこうに構いません。
その代わり内面的な部分やキャラに関しては非常にこだわりがあります。
面白い奴、楽しい奴と思われたい!という思いは人一倍強い気がします。

おそらく、普通人が気にするようなことを気にしない
僕の性質が周りにとっては珍しく変わっていて個性的に見え、
それが「楽しい奴」と思われたい僕の性格を見事に体現して
くれている。自分のこだわりを実現できていると思えるが
ゆえにキャラに自信が持ててポジティブになれる。

とまあ書いてみたものの「自信」とか「ポジティブ」って
そんな理屈っぽいか?と自分で思ってしまいました。。。

本日はケン坊のぼやきで終わってしまいました。
まあ、そんなときもあるでしょう!!
やっぱりここでも自己肯定です☆
あはは~。


自分大好き!って人→人気blogランキングへ
みなさん、こんにちは。
M字はげテンパ髪伸び放題のケン坊です。
もう4月ですね~、ホント月日の流れるのは早いですね。
ニート時代とは時間の流れ方がまるで違う今日この頃です。

さて、慣れない仕事でのストレスでハゲも進行している
僕の頭皮ではあると思いますが、ハゲ進行具合を
確認しにくいくらい髪が伸びました。
僕は元々髪の毛は少ないですが髪が伸びるのは早い!!
恐ろしく早い、と自分では思ってます。
小学生のころ「髪が伸びるのが早い人はH」とか
「エクボができる人はH」とか迷信のようなウワサが
あり、その両方に当てはまる僕は皆に知られぬよう
ドキドキしたものです。。。

そんな話はどうでもいいんですが、
とにかく髪が伸びるのが早いんです。
早いだけならいいんですが、僕は昔から坊主頭時代が
長く「流行の髪型」というものにウトい。
というか興味が無い。
というよりもめんどくさい。
ていうかどうでもいい。

そんなわけで最近は伸びたら伸びっぱなし☆

もちろん髪をとかしたり、寝癖なおしたりはします。
最低限の身だしなみはキチンとします。
でも最近それすらおぼつかなくなってきました。
元々テンパの髪が伸びて、しかも貧乏で美容院に
いってないのでまさに僕の髪エリアは無法地帯。
雨が降って湿気の多い日にはエライことになります。
百聞は一見にしかずなのでご覧あれ。




M字ハゲ&モサモサ髪



なんだこのモミアゲ。
このモミアゲ、伸びるとクルンとカールしていきます。
イメージ的には「パパと踊ろう」の「みつるさん」(わかる人います?)

なんだこの後ろ髪。
こいつもテンパのせいで伸びると天に向かってカールします。
カールした髪はトンネルのような空間を作り、鉛筆くらいなら
簡単に載せることができます。


なんだこのマキメ付近。
いつも寝癖が妖怪人間べムのベロみたいになります。
「妖気だ!」と鬼太郎並みに立ちます。

というわけで基本的な身だしなみも維持するのが
難しくなってきた今日この頃。
「ちゃんとセットしろよ!!」という声が聞こえてきそうだが、面倒くさい。
なので店長に「丸刈りにしていいですか?」と
直談判してみようと思ってます。
結果はこうご期待☆期待せず待て!!


ハゲ&テンパの二重苦人は→人気blogランキングへ
友人の紹介でmixiを始めて2ヶ月?くらい。
世の中色んな人がいるもので、そんな人々に出会うのは楽しい。
僕が参加しているコミュニティで「ハゲが好き」という素晴らしいコミュがある。
読んで字の如くハゲ好きの人々が集まっている。
ここに参加してまず最初に思ったのが、「ハゲが大好き!」という
女性がけっこういること。
しかもみなさんそれぞれ好みのハゲがありおもしろい。
女性から見た素敵なハゲ方を志す者にはとてもタメになる。
そんな楽しいコミュだが、ある日管理人の方からひとつのスレが
たった。



「ハゲハゲ言うのもなんなので別の呼び方を考えてみましょう。」




ハゲ、

はげ、

禿げ、


・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・
・・・・・
・・・・・・・
・・・

なんだろう、この「ハゲ」という言葉の響きからくる
凄まじい負のパワーは。
「ハゲ」って聞くだけで何か「プッ」と噴出して
しまうこの言葉の雰囲気。笑いの後にこみ上げる
しみじみとした悲壮感。
なぜだろう、ハゲの「ゲ」が悪いのか。
濁点のせいで響きが悪くなってるのか。
答えの出ない問いはさておき、管理人さんの言うとおり
「ハゲ」という言葉の響きは悪い。
というわけでみんなで「ハゲ」に変わる呼称を考えることになった。

それはそれは色んなアイデアが出て読んでいて楽しかった。
様々な議論がなされたが最終的に決まった「ハゲ」に変わる
呼称はこれ。











「メロウ」










メロウとは mellow で「豊かで柔らかなさま。円熟したさま。」の意らしい。
まさに「ハゲ」に変わる呼称としてふさわしいじゃないか!!
円熟して人間性も豊かになり頭もツルツルに。
そんな髪の無くなってきた頭を「ハゲ」ではなく「メロウ」と呼ぶ。
メロウ、響きがいい。ハゲよりはるかに響きがいい。

というわけでみなさん、これからはハゲを見たら「メロウ」と
呼んであげてください。
「あの人の頭ちょ~メロウだよね~☆」こんな感じで。
こっそり流行らせましょう、そして定着させましょう。
21世紀はハゲは殲滅しメロウの世紀に!!


「メロウ」いいじゃん!と思った人→人気blogランキングへ
「汗」は素晴らしい。
特に仕事でかく汗は素晴らしい。
最近仕事が始まって汗をかく毎日だが、仕事で
汗をかくのはホントに久しぶりだ。
たっぷりと汗をかいた後は家でシャワー。
いつもよりちょっと熱めで心も体もリフレッシュ。
久々の人間らしい生活に忙しさも心地よい。

毎日忙しく汗をたっぷりかくわけだが、勤務中は
帽子をかぶらなくてはいけない。
僕的にはムレムレになって毛根に汚れがたまっても
少しも気にならない。中途半端に伸びた髪が
帽子のせいでとんでもない髪型になるがこれも仕方ない。
たいがいのことは「あははは」と笑ってすませるが
ただひとつ、ただひとつだけ自分でもヒイた出来事がある。

それは










汗が乾いて塩ふいてる。

汗が乾いて塩ふいてる。

汗が乾いて塩ふいてる。

汗が乾いて塩ふいてる。









勤務中にたっぷりとかく汗。
その汗を帽子がまるまる吸収。
そして汗染みとなり乾いた部分が
白く塩をふいている(汗染みのふちだけ)。


う~~~ん、これだけは笑いにできなかった。
したかったが入って間もないだけに皆がヒクのを恐れた。
だってね~、塩ですよ、塩。
普通人間塩ふきませんから。
もう少しキャラを定着させて時がきたらネタにしよう☆
ていうか、もうみんな気がついてるか!?


塩ふき名人ケン坊に1票!→人気blogランキングへ
就職は決まったが食べるに困るくらいお金が無いので、
就職した会社の配属店舗でバイトを始めました。

これからしばらくお世話になる店舗。
やはり気になるのは人間関係。
普通の人間関係も重要ですが、若ハゲ・M字ハゲ、
とにかくハゲにとっては「髪のこと」も気になる要素だと思います。
ハゲをひた隠すか、ハゲを告白するか、いずれにしても最初が肝心!!
最初のスタンスで職場でのハゲ人生が方向づけられる。たぶん。

もちろん僕はポジティブはげなので告白型です。
まだ勤務して数日ですがハゲ告白の種まきをしています。

何の脈略も無くいきなり「僕ハゲてるんすよ」って言ったら
間違いなく相手はヒキます。お互い良く知らないのに
いきなり「僕ハゲです」って言われても相手は困ります。
そういう事態を避けたい僕はジャブを細かく打ち込む如く
ハゲ告白していきます。

今回は非常にラッキーで髪に関する話題が向こうからやってきました。
たとえば身分証として店長に見せた免許証、写真は坊主頭でした。


店長:「ケン坊君、坊主だったの?」

僕 :『いや~、この歳でハゲてきちゃって坊主にしてました(笑)
   やっぱり接客業じゃ坊主はダメですかね?
   むしろさらしたいんですよね(笑)』

店長:「さらしたいの(笑)?なんで??」

僕 :『いや~、話すと長くなりますよ(笑)。』


ユーモアを交えつつ会話するハゲ告白。
相手を笑わせられたらこっちのもんだ。
ハゲ話を小出しにしつつ相手に慣れてもらう。
仲良くなったら相手からカウンターもくる☆

さらに、勤務中は帽子をかぶらなきゃいけない。
勤務終了後は帽子を取るわけだが、休憩所での一幕。


バイト1:「ケン坊さん、帽子取らないんですか?」

僕   :『いや~、髪型が愉快なことになってるのよ』

バイト2:「見た~い!!」

僕   :『そう、じゃあ見せようか』

無論、汗をかいてムレムレになったテンパの髪は愉快な
ことになっており、みなさん爆笑☆

僕   :『しかもよ~、ハゲてきてるから
     帽子良くないのよ。毛根に。』


幸いこれがさらなる笑いを誘い、何気にハゲ告白。
その後、和やかな雰囲気なの中でハゲネタで盛り上がる。

こんな感じで笑いを誘いつつハゲ告白を小出しにしている。
このはげジャブが効くと信じてこれからも続けていく。
みんなに「明るいハゲ」というイメージが定着するまで。
うまくいくといいなぁ~☆


最初が肝心って思う人→人気blogランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。